現在検討中の人へ

ボディ

専門家に依頼する

刺青がある人の中で、例えばプールや温泉に入れない、結婚式でウェディングドレスを着るから、子供が生まれたのをきっかけに、就職をする際に、といった理由で除去を考えている場合もあるかと思います。もしもそうなら、刺青除去の専門のクリニックに行って、相談することをおすすめします。ただ、具体的にはどういったことをするのかわからないと不安になることも多いので、この機会に覚えておくと良いでしょう。まず、レーザーを使って除去する、という方法があります。これは特殊な光を肌に当てて、少しずつ刺青を薄くしていくというものです。刺青の状態にもよりますが、三、四日程度で除去することが可能だったり、メスを使わないので傷跡が残らないといったメリットがあります。

他にも方法があります

レーザーなどが使われていないころは、刺青を切除するという方法が主流でした。これは現在でもあるやり方で、大きく分けて二種類あり、刺青のある皮膚を一度で除去してしまうのか、何度かに分けて行うのか、といったものです。利点としては、レーザーが効かない色でも関係なく除去できるということと、小さなものであれば一回の施術で、完全に除去してしまえるということです。そして最近では技術が進歩したので、傷跡を目立たなくすることができるようになりました。他にも刺青が入っている部分を削ってしまったり、別のところから持って来た皮膚を移植する、などといった手法がとられることもあります。このように刺青の除去には多数の方法があり、これからもどんどん新しいやり方が増えていき、もっと手軽に行える日が来るのかもしれません。